サマータイム

ドイツの2020年のサマータイム

ドイツのサマータイム、サマータイム期間中は日本と時差が8時間

ドイツにはサマータイム(夏時間)があります。サマータイムは日照時間の長い夏の期間は、時計の針が1時間進むことになります。そのため日本との時差は縮まり7時間となります(日本から7時間遅れとなります。)日照時間が短い冬の期間は時計の針が1時間戻り、日本との時差は8時間となります(日本から8時間遅れとなります)。

2020年にドイツでサマータイムが始まるのは3月29日の2時です

2020年にドイツでサマータイムが始まるのは3月29日、日曜日の早朝です。時計の針が1時間進む形になるため、2時になると自動的にサマータイムの3時となります。そして先にも説明しましたが、日本との時差は7時間に縮まります。

2020年にドイツでサマータイムが終わるのは10月25日の3時です

2020年にドイツでサマータイムが終わるのは10月25日、日曜日の早朝です。時計の針が1時間戻り、3時になると、2時になります。そして日本との時差が8時間に変わります。

サマータイムで気を付けなくてはいけない旅行のスケジュール

サマータイムは旅行者にとって困惑することが多いです。特にサマータイムが始まる際に、時計の針が進みます。サマータイムの開始に気付かないと飛行機や電車の乗り遅れに繋がります。サマータイムが始まる頃に旅行する場合は、いつ始まるか気を付けておきましょう。