サマータイム

2020年ドイツでサマータイムが終わるのは10月25日

サマータイムが終わって日本との時差は8時間に

ドイツと日本との時差は7時間です。日本がドイツに先行して7時間進んでいます。ところが、10月から時差が8時間へと変わります。というのもサマータイムが終わるからです。2020年のサマータイムが終わるのは10月25日、日曜日の朝3時です。そこで時計の針は1時間戻り、前日と比べると1時間遅れとなるのです。

サマータイム終了後の時計に注意

サマータイムが終わって問題なるのは、時計がサマータイムのままになってしまうことです。例えば、アナログの時計や腕時計は、自分の手で時計の針を戻さなくてはいけません。そのため時計の針を戻さないと、時間が1時間進んだままとなってしまい、待ち合わせや電車の発車時刻などを間違えることにもなるでしょう。ですので、10月25日になったら、サマータイムの終了と共に、アナログ時計や腕時計の針を1時間戻しておきましょう。