ドイツの空港

2024年2月1日にミュンヘンやニュルンベルクを除くドイツ全土の空港で大規模なストライキが行われる予定

2024年2月1日にドイツの空港ではストライキが行われる予定になっています。ストライキは大規模なものとなっており、ミュンヘンなど一部の空港を除き、ドイツ全土で行われる予定となっています。ベルリンとハンブルクの空港ではストライキのため、当日のフライトはありません。こちらの記事ではこのようなストライキの情報を簡単にお伝えします。なお情報は変更される可能性もあるため、こちらの情報だけで判断せず、必ず空港や旅行会社に問い合わせてくだい。

 

ストライキが行われる空港

ミュンヘンとニュルンベルクを除いたドイツ全土の大規模な空港でストライキが行われます。

 

ストライキの内容

報道によれば、ベルリンとハンブルクでは全ての定期便の停止となるようです。

 

ストライキの予定期間

2024年2月1日(木)

 

各空港のストライキの情報

 

ハンブルク(トップページ上に簡易な情報を表示) 2024年1月31日22時より2月1日22時まで運休。

ベルリン・ブランデンブルク (詳細ページを表示) 2024年2月1日運休。

ブレーメン  報道によれば、ストライキによる影響あり

ハノーファー 報道によれば、ストライキによる影響あり

ケルン・ボン(詳細ページを表示)詳細ページによれば、ストライキの影響でフライトのキャンセルや遅延の可能性。

デュッセルドルフ(トップページ上に簡易な情報を表示) 報道によれば、ストライキによる影響あり

ライプツィヒ・ハレ  報道によれば、ストライキによる影響あり

エアフルト・ヴァイマール 報道によれば、ストライキによる影響あり

フランクフルト (トップページ上に簡易な情報を表示) 詳細ページによれば、ストライキの影響でフライトのキャンセルや遅延の可能性。

シュツットガルト(トップページ上に簡易な情報を表示)ホームページの情報によれば、ストライキの影響でフライトのキャンセルや遅延の可能性

 

他空港への影響

ミュンヘンとニュルンベルク空港でのストライキは予定されておりません。ですが、ドイツの他空港からの便もあるため、ドイツ国内便のキャンセルなどによる大きな影響が考えられます。ミュンヘンやニュルンベルク空港を利用される場合も気を付けてください。