ベルリン・ブランデンブルク国際空港
Home » ベルリン » ベルリン・ブランデンブルク国際空港の位置やターミナルについて解説

ベルリン・ブランデンブルク国際空港の位置やターミナルについて解説

ベルリンを訪れる際に最初に確認することの一つが、ベルリンへの移動手段でしょう。日本から直接訪れる場合は飛行機で訪れることになります。その際に気になるのがベルリンの空港です。

ベルリンは東西に分断されていたこともあり、街の東側と西側に空港がありました。そのためどちらの空港を利用することになるのか、気になった人も多いかもしれません。ですが、今では空港は統合されて一つになっています。

それは「ベルリン・ブランデンブルク国際空港」です。今回はそんな唯一のベルリンの空港について、その位置、ターミナル、そして移動方法などを紹介したいと思います。

ベルリン・ブランデンブルク国際空港

新しく誕生したベルリンの空港

ベルリン・ブランデンブルク国際空港

かつてベルリンには、西ベルリン側にテーゲル空港とテンペルホフ空港がありました。そして東ベルリン側にはショーネフェルト空港がありました。

テンペルホフ空港は街の中心部に位置していたため2008年に閉鎖されます。以降ベルリンでは二つの空港が利用されていたのです。ただし大規模な空港が必要となり、ベルリン・ブランデンブルク国際空港が建設されることになりました。

ただしベルリン・ブランデンブルク国際空港がオープンしたのは2020年10月のこと。幾度の延期を経て、ついに開港したのです。

これによってテーゲル空港は閉鎖され、そしてショーネフェルト空港はベルリン・ブランデンブルク国際空港に統合されて、空の出入口であるベルリンの空港は、ベルリン・ブランデンブルク国際空港にまとめられたのでした。

閉鎖したテーゲル空港については、下記の記事で紹介しています。

ベルリンの新空港の位置

ベルリン・ブランデンブルク国際空港が位置するのは、ベルリンと隣接するブランデンブルク州です。といってもベルリンとブランデンブルク州の境界付近にあるため、場所はベルリンの郊外と言って良いかもしれません。

空港が位置するのはショーネフェルト空港の敷地のすぐ横。そのためショーネフェルト空港を利用したことがある人にとっては、どのあたりにあるかイメージできるかもしれません。

気を付けたいのは、ベルリンの西側にあったテーゲル空港と混同することです。というのもテーゲル空港はベルリンの西側で、ベルリン・ブランデンブルク国際空港はその反対側の東側に位置しています。いずれにせよベルリンの東側に空港があることを頭に入れておくと良いかもしれません。

空港のターミナルは2カ所

ベルリン・ブランデンブルク国際空港

空港を利用する際に気を付けたいのはターミナルの存在です。新空港ではターミナルは2024年現在2カ所あります。それはターミナル1とターミナル 2です。ターミナル1とターミナル2は隣接しているため、移動に大きな問題ないでしょう。お互いのターミナルは徒歩で移動できます。

開港当初は少し離れた場所にターミナル5がありました。徒歩で移動できない場所にあったターミナルであったため、場所を間違えるとフライトに間に合わない可能性がありました。しかし2023年9月にターミナル5は閉鎖されています。そのため開港当初とは異なり、現在はターミナルが2つあるのみなのです。

ベルリン・ブランデンブルク国際空港のターミナルについては、公式ページで確認することができます。

ベルリン・ブランデンブルク国際空港公式、ターミナルについて

ベルリン・ブランデンブルク国際空港公式、ターミナルマップ(PDFファイル)

ターミナルへの市内からの移動方法

ベルリン・ブランデンブルク国際空港

ベルリン・ブランデンブルク国際空港は鉄道でアクセスできます。街の中心部からの移動は、運賃、時間、アクセスのしやすさから鉄道がよいでしょう。ターミナル1とターミナル2は「Flughafen BER – Terminal 1-2」駅が最寄駅です。

駅は空港の地下にあるため、駅から空港への距離はほとんどありません。利用する列車はベルリン中央駅からの場合、エアポートエクスプレス(FEX)、地域間列車(RE、RB)のRE8、RB23、そしてベルリン市の鉄道(Sバーン)S9があります。

ベルリン市の鉄道を利用すると停車駅が多くなるため、市内中心部からであれば、エアポートエクスプレスや地域間列車を利用すると良いでしょう。

いずれにせよ鉄道であれば、市内中心部から1時間以内で空港に到着できます。また上記の鉄道であればベルリンABCゾーンチケット(4.4ユーロ)が必要になります(2024年7月現在)。

ベルリン・ブランデンブルク国際空港公式、アクセス方法について

ベルリンの公共交通機関の使い方は、こちらで説明しています。

ターミナル1ではファストトラックが利用可能

ベルリン・ブランデンブルク国際空港のターミナル1では、保安検査の時間を予約できるBER Runwayというサービスが提供されています。保安検査を待つ列は長く、いつ検査ができるかわかりません。

ですが、こちらのサービスを使えば、検査の時間を決めることができるため、保安検査待ちで出発に間に合わなくなることを防ぐことができます。

こちらのサービスは無料であるため気軽に活用できるでしょう。ただし気を付けたいのはターミナル1の利用の場合のみで、ファストトラックは専用の保安検査の場所があり、利用時間も限られていることです。そのためターミナル、出発時刻、検査場所を事前に確認しておくことが重要です。

ベルリン・ブランデンブルク国際空港公式、ファストトラックについて

ベルリンの新空港内での飲み物の価格

ベルリン・ブランデンブルク国際空港

空港での保安検査のため、飛行機の搭乗を待つ制限エリアに飲み物を持ち込むことはできません。そのため制限エリアで飲み物を飲みたくなることもあるでしょう。

日本では制限エリアでも飲み物は安く購入できますが、ドイツの空港では安く購入できません。空港の自販機では飲み物は3.8ユーロもしました。これはスーパーなどでの価格の3倍以上です。

ドイツの空港の制限エリア内では飲み物を購入する場合には高くつくことは覚えておいた方が良いかもしれません。

ただし制限エリア内には給水機があります。そのため空のペットボトルや水筒を持っていくと水を購入せずにすみます。無料で冷たい水が手に入るので、水筒などを持っていくと良いでしょう。

ベルリン・ブランデンブルク国際空港 / Flughafen Berlin Brandenburg

アドレス: Willy-Brandt-Platz 2, 12529 Schönefeld Germany

空港コード: BER

Web-Page:  Flughafen Berlin Brandenburg