ドイツの駅
Home » ベルリン » ベルリンの公共交通機関の使い方を解説

ベルリンの公共交通機関の使い方を解説

ベルリンを訪れた場合には、おそらく公共の交通機関を使うことになるでしょう。ですが、改札口がなかったり、バスや地下鉄といった異なる乗り物に同じ乗車券で乗れるなど、驚くことが多いかもしれません。そのため旅行で訪れた際に戸惑うことにもなるでしょう。

今回は、そんなわかりにくいベルリンの公共機関の使い方について紹介します。

ベルリンの公共交通機関の種類

ベルリンの公共交通機関

  • 市バス(Bus)
  • 地下鉄(U-bahn)
  • 路面電車(Tram)
  • フェリー(Fähr)
  • Sバーン(S-bahn)

ベルリンの公共交通機関はBVG(Berliner Verkehrsbetriebe)という会社によって運営されています。BVGは、地下鉄、市バス、路面電車(トラム)、そしてフェリーを運行しています。BVGのチケットは上記のものに加えて、Sバーンと呼ばれるベルリンとベルリン周辺を結ぶ電車も使うことができます。

フェリーは観光船などではなく、ごく一部の区間で渡し船のような役割を果たしているものなので、ご注意ください。

BVGで切符を買えば、市バス、地下鉄、路面電車、フェリー、Sバーンを利用でき、1日乗車券は、それが乗り放題となります。

乗車券はゾーンで購入

  • 市内の公共交通料金はゾーンで区切られる

最も頭を悩ませるのは乗車券です。ドイツの多くの公共交通機関はゾーンで料金を定めており、利用する際に困惑するでしょう。乗車券は利用する公共交通機関が通るゾーンと呼ばれるエリアのチケットを買ってください。

例えば、ベルリンの空港があるCゾーンから、市内中心部のAゾーンに行く場合は、Bゾーンを通ることになります。そのためチケットはABCゾーンを購入しなくてはいけません。

なお、ゾーン内のバス、地下鉄、路面電車、フェリー、Sバーンはいずれも利用することができます。

ベルリンの公共交通機関のゾーンを説明するマップはこちらに掲載されています(PDFでダウンロードできます)

乗車券の種類

ベルリンの公共交通機関

主な乗車券は3種類+自転車用のチケット

  • 短距離利用 / Kurzstrecke
  • 通常チケット / Einzelfahrschein
  • 1日乗車券 / 24-Stunden-Karte
  • 自転車持ち込みチケット / Fahrrad Ticket

乗車券の種類は幾つかありますが、主なものは下記の3種類です。短距離利用のKurzstreckeチケット、利用するゾーンで購入するEinzelfahrschein。そして1日乗車券として利用できる24-Stunden-Karteです。また自転車を持ち込む際には、そのためのチケットも購入しなくてはいけません。

短距離チケット/Kurzstreckeの価格

Kurzstreckeチケットは短距離乗車券のことです。地下鉄とSバーンでは3駅乗車可能です。路面電車とバスは6停留所が乗車可能です。ただし乗り物を変えて乗り継ぐことはできません。なお価格は2024年7月現在2.4ユーロです。

 通常価格 割引価格(6〜14歳)
 2.4 Euro 1.9 Euro
(2024年7月確認)

ゾーンチケット/Einzelfahrscheinの価格

EinzelfahrscheinはABゾーンチケット、BCゾーンチケット、ABCゾーンチケットがあります。こちらは2時間有効です。ただし片道でしか利用できません。往復では利用できないので気を付けて下さい。価格はゾーンごとに異なり、2024年7月現在3.5〜4.4ユーロです。

ゾーン通常価格割引価格(6〜14歳)
AB 3.5 Euro 2.2 Euro
BC 4 Euro 2.7 Euro
ABC 4.4 Euro 3.2 Euro
(2024年7月確認)

1日乗車券/24-Stunden-Karteの価格

24-Stunden-Karteは名前の通り24時間利用できる1日乗車券です。他の乗車券は制約が多く、乗車券を買うのも手間がかかるため、個人的には観光旅行で出かける場合は24-Stunden-Karteの購入をお勧めします。こちらの乗車券も価格はゾーンごとに異なり、2024年7月現在9.9〜11.4ユーロです。

ゾーン通常価格割引価格(6〜14歳)
AB 9.9 Euro 6.5 Euro
BC 10.4 Euro 6.8 Euro
ABC 11.4 Euro 7 Euro
(2024年7月確認)

自転車の持ち込み / Fahrrad Ticket

ドイツの鉄道では多くの会社で自転車を持ち込むことができ、ベルリンでも例外ではありません。ただし持ち込む際には追加で自転車用のチケットを買う必要があります。もちろん人間用の乗車券に加えて、自転車用のチケットが必要であるため、両方のチケットを購入するようにしてください。

チケットの種類価格
短距離利用 1.7 Euro
ABゾーン2.3 Euro
BCゾーン2.6 Euro
ABCゾーン3 Euro
ABゾーン1日乗車券5.3 Euro
BCゾーン1日乗車券5.7 Euro
ABCゾーン1日乗車券5.9 Euro
(2024年7月確認)

BVG(Berliner Verkehrsbetriebe)によるチケットと料金の説明

空港から市内への移動

ベルリンには「ベルリン・ブランデンブルク国際空港」があります。ベルリン・ブランデンブルク国際空港は郊外のCゾーンに位置しています。ベルリン中央駅や博物館島などの中心部はAゾーンに位置しています。そのため空港から市内中心部に移動するなら、AゾーンもCゾーンも利用できるABCゾーンのチケット購入してください。価格は4.4ユーロです。

空港から市内中心部に移動して、その後に観光などで多くの場所を移動するのであれば、ABCゾーンを利用できる1日乗車券を購入すると良いでしょう。ABCゾーンの1日乗車券の価格は11.4ユーロです。

ベルリン・ブランデンブルク国際空港からベルリン中央駅に向かう場合、下記の列車を利用することができます。いずれもABCゾーンチケットで利用することができます。

  • Airport Express (FEX)
  • RE8
  • S9

(ベルリン中央駅には向かいませんが、他にもベルリン市内に向かう列車、RB24 Nord、RB32、S45があります。)

ベルリンの空港については、こちらの記事で紹介しています。

駅には改札がないため必ず乗車券に打刻が必要

ドイツの公共交通機関の多くは改札口がありません。そのため、どのように公共交通のバスや電車を使うのか、混乱する人も多いでしょう。チケット購入した場合、必ず打刻と呼ばれる乗車券に駅や使用時刻を入れなくてはいけません。

例えば、ゾーンチケット/Einzelfahrscheinは打刻を入れてから2時間有効(ただし片道のみ)です。通常紙のチケットを買う際には開始時刻が入っていません。そのため打刻で使用開始時刻を入れなくてはいけないのです。

そのため駅では改札がない代わりに打刻が必要なのです。打刻用の機械は乗車券の販売機近くにあります。それに乗車券を入れて情報を記入させてください。(アプリでの購入では、購入時に使用開始時刻が記録されます。そのため打刻は必要はりません)

打刻しない場合は無賃乗車として罰金

  • 不正乗車は60ユーロの罰金です

改札がないため、不正乗車をできると思う人もいるでしょう。ですが乗車券の検札を車内で行われることがあります。場合によって1日に2度、3度遭遇することもあるでしょう。

乗車券を持たない場合は不正乗車とみなされて、60ユーロ(2024年7月現在)の罰金を払うことになります。乗車券があっても、打刻を行っていない場合も不正乗車とみなされて罰金を払うことになります。

BVG(Berliner Verkehrsbetriebe)による罰金の説明

チケット購入はスマホアプリがお勧め

ベルリンの公共交通機関

乗車券は自動券売機があり、駅などで購入することができます。ただ券売機の故障が多く、利用できなかったり、お札を認識しないことが頻繁にあります。そしてチケットが購入できないかもしれません。そのためスマホアプリの活用をお勧めします。

アプリで購入する方が簡単で券売機の故障に悩まされることもありません。また路線図も掲載されているのでアプリが役に立つでしょう。

スマホアプリはこちらでダウンロードできます。

路面電車での乗車券の購入方法

路面電車で、チケットや打刻をどうするか迷うかもしれません。路面電車の車内には券売機も打刻用の機械も設置されています。

そのため路面電車内で乗車券を買うことができ、また乗車券を買うことで必要となる打刻も行うことができます。そのため運転手にお願いすることなく、簡単に乗車券の購入などができます。

バスでの乗車券の購入方法

ベルリンのバス

バスで乗車券を購入する際は、運転手にお願いして購入することになります。そのため少し面倒かもしれません。打刻のための機械はバスの車内にあるので、乗車券を購入した後で行うことができます。

運転手に購入したい乗車券などを伝えることが難しい場合には、スマホアプリで乗車券を購入して、それを見せた方が簡単でしょう。

ベルリンの公共交通機関で気を付けたいこと

気をつけたいのは下記の項目です

  • 遅延
  • ストライキ
  • スリ

公共交通機関の遅延

遅延が多く発生するため、時間通りに来ることを期待しない方が良いです。一番気を付けたいのは、冬季のバスや路面電車の利用です。気温が氷点下まで下がっている状態で、遅延に遭遇すると体調を崩すことにもなります。個人的には屋外で長時間待つことにならないように、地下鉄や鉄道で移動するようにしています。

多発するストライキ

またドイツでは頻繁にストライキが行われます。そのため公共交通機関のストライキで使えないこともあります。こうしたストライキの可能性も考えることをお勧めします。また下記のページではドイツのストライキ情報を簡単にまとめています。ストライキが心配な方は参考にしてください。

ドイツのストライキ情報

スリなどによる盗難

公共交通機関は多くの観光客が利用するため、スリによる盗難が多く発生しています。例えば、電車などで乗り降りの際に、人混みに紛れて財布などを盗むケースが多発しています。こうしたスリにも気をつけましょう。

ドイツの鉄道会社が警告するスリのテクニックをこちらの記事で紹介しています。